2011年06月27日

男性のお肌も紫外線に気をつけてっ!

これからの季節、紫外線はどんどんきつくなる一方ですね!女性は紫外線に強い関心を持っているもの。しかし、それは決して女性だけのものではなく男性にも真剣に考えて頂きたいこと…。女性より肌が強いから大丈夫と考えている男性の方、気をつけて下さい。

女性ばかりでなく、男性化粧品として多くの男性に支持される無添加化粧品シリーズ【とわだ】を販売しているケイマリインターナショナルから、意外な男性の夏バテ肌について、ご紹介しますね。

さて、紫外線は完全なる罪悪・諸悪の根源のような言い方をされていますが、実はメリットもあるということを軽くお話しいたしましょう。

紫外線は生物が生きていく上でなくてはならないものです。人間の体内でビタミンDが生成されるときには紫外線が必要だといいます。また紫外線には殺菌作用あります。お布団などをふかふかになるのは、実は紫外線パワーの賜物なのです。お肌にとっても、この殺菌作用が、有害な細菌から私たちを守ってくれているともいえます。また肌を褐色にし、外見を逞しく健康的に見せられるということをメリットと考えている男性も多くいらっしゃるのではないでしょうか。


さてそんな紫外線ですが、やはりその害についてはしっかり認識しておかなくてはなりませんよね。

男女関係なく、男性の体にも悪い影響を及ぼす紫外線。オゾン層の破壊による紫外線の被害が深刻なオーストラリアなどでは、国をあげて真剣に紫外線対策に取り組んでいるといいます。日本でも最近環境省が、本格的にオゾン層や紫外線対策に取り組み始めているようです。

下記に、男性が特に誤認しやすいのではないか…と思われる日焼け対策・認識についてまとめてみました。
■日焼けは健康的ではありません。
日焼けは、体が紫外線による被害を防ごうとする防衛反応の結果として起こるもの。残念ながら、日焼けが健康にいい効果は小さい。むしろ、日焼けは体が害されているという危険信号なのです。

■うす曇りの日は特に注意!日焼けします!
薄い雲の場合、紫外線は80%以上通過します。曇りで太陽が出てなくても日焼けするので要注意。

■水の中では日焼けしないなんて誤認です。
水が防ぐ紫外線の量はごくわずか。むしろ、肌は水による反射でより多くの紫外線に接してしまいます。サーファー・ダンバー・スキューバダイバー・カイトサーフィン…なんでも、水の中だから、と安心はできません。

■朝、日焼け止めを塗っても、必ず塗り直しを!
日焼け止めクリームの日焼け防止効果は一時的です。長時間持続するものではないので、丸一日は持ちません。こまめに塗り直しましょう。

■太陽の光に暑さを感じなくても、日焼けしています!
日焼けは感覚で感じることのできない紫外線によるもの。暑さを感じるのは赤外線で紫外線ではないのです。

■冬でも紫外線対策が必要です!
スキー場などでは、雪の反射で紫外線の強さは2倍にもなるので要注意ですよ。スポーツ好きの方、健康とスポーツマンの勲章のように日焼け跡を背負っていてはいけません。



紫外線を浴びた後のケアとして大人気のメンズコスメ
無添加化粧水「とわだ」

実際に使用したお客様の評価を見る >> コチラから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
spacer.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。